設備紹介

手術室

手術室術後の感染症対策として、最新式空調システムを導入し、手術室の無菌化に取り組んでいます。白内障手術をはじめ、緑内障手術、網膜硝子体手術、各種眼科マイクロサージェリーを可能にしました。 術後は入院可能な病室を2床、回復室を完備しております。

白内障手術器械(インフィニティー)

白内障手術の時、水晶体の濁りを削り取るために使用する最新型の器械です。

硝子体手術機材(アルコン)

硝子体切除術および網膜近傍部の切除の安全性・安定性にすぐれた器械です。 より丁侵襲な網膜硝子体手術の実施が可能です。

光干渉断層計(ニデック)

加齢黄斑変性症など網膜疾患の早期発見、経過観察及び定量的評価を行うことができる最先端の器械です。

レーザー治療機器

この器械で糖尿病網膜症や網膜裂孔剥離、後発白内障などの治療が可能です。

HUMPHREY視野計

視野検査の際に使用します。 緑内障の視野変化を早期に検出し、結果をコンピューターにて解析します。

IOLマスター層計(ニデック)

眼軸長(目の大きさ)を測定する機械です。 白内障手術の際、眼内に入れるレンズの度数を正確に算出することができます。

眼底カメラ

静止画・動画撮影まで用途に合わせた多彩な撮影モードを一台で実現しています。

超音波検査機器

眼科専用の超音波画像診断装置です。

両眼視簡易検査器

目の緊張状態を緩和する、雲霧という機能を備えています。仮性近視の治療などに用います。

Scroll Up